最近のトラックバック

フォト

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月30日 (金)

琵琶湖が見えなくなります


  JR大津京駅前の15F(塔屋を含むと地上高は約50M)のマンション、西大津バイパスからも琵琶湖はもとより対岸の湖南アルプスも見えません。

 やっぱりプリンスホテル(地上公約100M)は、どこから見ても大津の景観破壊のトップではないでしょうか。
 いずれも皇子が丘の交通公園付近から撮影。

2008年5月28日 (水)

不合理ではないですか?両替手数料

 27日、貯め込んだ?小銭(500円玉、100円玉、50円玉、10円玉、5円玉、1円玉)を銀行に預け入れに持って行ったところ、両替手数料1200円余りとたれました。お札と両替したわけでもなく預け入れにです。
 確かに枚数は合わせて3000数十枚あったそうで、数えるのに若干の時間がかかったとして預け入れに両替手数料とは?たとえお札でも数え直すのに時間がかかります。
 小銭の預け入れはサービス対象外か?

時間の問題


 唐橋の東レ跡地の高層マンション建設が急ピッチに進んでいます。
 条例に基づく表示では。
 1棟は8,077.16平方メートル、延べ面積43,889.05平方メートル、19階建て、高さ59.985メートル、376戸(鉄骨組が進行中)。2棟目は、此の北側に敷地積5,270.50平方メートル、建築面積3,318.48平方メートル、延べ面積29,202.53平方メートル、19階建て、高さ59.985メートル
 いつも石山駅デッキ2Fでビラを巻ながら見えていた、通称田上山(堂山、太神岳、八筈岳、笹間ケ岳)が見えなくなるのも時間の問題になってきました。
 10年ほど前からマンション構想があったが、集へ住民の反対運動、バブル崩壊後遺症等々でのびのびになっていたようです。
 さて、この間の規制緩和・建築確認が民間事業者で出来るようになり、マンション建設に対する関係住民の声が反映されなくなっていることが大問題ではないでしょうか?
 もう一点は、これらの高層建築物が高度規制のない商業地域に集中しています。高層マンションとはいえ、住宅です。商業地域に大量の住宅建設は地区指定と大矛盾を来しています。
 新都市計画法による地区指定以前の建物などを地区指定の純化で動かす事は困難ですが、マンション業者による
「地区指定関係ねい!」「うちは、もうけ第一」で景観を壊し、住民の暮らしに悪影響を与えることは、まさに「嵐よ、我が亡き後に来たれ」(資本論)。
 市長の「景観は逃げてゆかない、きれいな景色の見えるところにゆけばよい」では、「水とみどり」のまちを守ることは出来ません

2008年5月20日 (火)

湖岸の高さ100メートルのホテル、築後20以上出がこの景色はいただけません


 上の写真は鶴の里22番・鶴の里公園西側道路から湖岸に向かって300ミリ望遠レンズで撮ったもので、下は同じ場所で100ミリで。
 眺望、景観上問題ではないでしょうか?
 6月議会の議論の素材の一つです

議員団合宿2日目

  07年大津市議選から1年。今期の議員構成は新人3人。
  議会での本会議質問は、まさに議員の「命」。
  新人も経験者も、質問内容を「集団で議論し、磨き上げよう」と07年6月から議会開会前に一泊二日の合宿で質問原稿を練り上げてきました。今回で五回目です。
  一日目は10時から各自の問題意識、考えている質問テーマを出し合って論点整理や深める点、情勢や他都市の例等について議論し、その後第一次の原稿化するという流れにしてきました。
  昼食、夕食休憩1時間と適切な休憩をしますが21時まで頑張ります。
  お茶やコーヒー、お菓子類も沢山目の前にしての原稿書き、普段と違った場所と雰囲気でパソコンのキーパンチも進みます。
  場所は、研修室のある廉価なホテルですが、インターネットで資料収集も出来て、便利なところです。
  ホテル側も気をつかってか?前回まではLANケーブルは、廊下のシーリングライトの隙間から研修室内の引き込んでいましたが、今回は研修室内にキチンとした配線がされていました。
  また、宿泊の部屋にもLANが来ており、そこでも作業が出来ました。

後期高齢者医療制度 廃止しかない

 17日夜、地域の党員さんと「しんぶん赤旗」購読のお願いに数件訪問しました。
  さるお宅では「共産党さんには、一切協力できません」と、赤旗購読にはあっさりと断られました。しかし、この日のもう一つの行動目標「後期高齢者医療制度の廃止を求める署名」(取扱者:日本共産党)には快く応じて頂きました。
  ここに後期高齢者医療制度と国民の間の矛盾の大きさをあらためて感じました。

2008年5月18日 (日)

5月16日臨時市議会。「与党連合」横暴の議会人事?

議会議長選挙結果と得票数内訳
氏  名 会  派 得票 八木修の得票内訳大胆分析
中江忠洋 大志会 20 大志会 9 市民ネット21 6 公明党 5
竹内照夫 結の会 18 結の会 3 日本共産党 6 清正会 3 大志会造反 6
無   効 白 票 2 杣の会 2
議会副議長選挙結果と得票数内訳
氏  名 会  派 得票 八木修の得票内訳大胆分析
青山三四郎 大志会 26 大志会 15 市民ネット21 6 公明党 5
塚本正弘 日本共産党 6 日本共産党 6
佐藤健司 大志会 2 結の会 2
北村正二 大志会 1 結の会 1
無  効 白 票 5 杣の会 2 清正会 3
議会選任監査委員 園田 寛(大志会) 間宮文徳(市民ネット21)
 5月16日臨時市議会が開かれ、議会役員の改選が行われました。
 16日10時、議事日程と役員選挙の最終確認のための議会運営員会が開かれましたが、大志会が調整中ということで、5分足らずで散会となり、結局16時30分まで空転。
 16時30分から本会議が開かれ、正副議長選挙、常任委員会・特別委員会の構成が行われ、結果は上の表のようになりました。
 様々な情報を整理すると次のようなことになっていたようです。
 大志会は中江氏が手を挙げ、泉議長は推したがスムースに一致が勝ち取れず、会派内の調整と市民ネット21、公明党とりこみの調整に時間がかかった模様。
 市民ネット21のA議員は、いろいろ事情はあるが公明党を説得して反自民の多数派工作を試みたが、公明党応じず断念。
 一方大志会は、市民ネット21取り込みのためにA議員議長説もあったとか(情報通職員)
 日本共産党議員団は、議長選挙については「大津市議会の民主的運営についての申し入れ・提案」を大綱了解した竹内照夫氏に投票し、副議長選挙では塚本正弘議員を推しました。
 議会選任の監査委員(提案は市長)には大志会と市民ネット21から、各常任委員会、特別委員会の正副委員長は大志会、市民ネット21、公明党、結の会で配分し合いました。
 日本共産党議員団は6人で、市民ネット21と同数の第二会派ですが、全く無視する態度は今年もかつての「与党連合健在」という事のようです。
 閉会後に、杣の会の議員いわく:何の情報も入らず無視されて進んでた、との事。議会の民主的運営のためにも、こんな「与党連合」の「数の横暴」許されません。

2008年5月13日 (火)

2008年4月25日 早朝県議団会議

 県議会役員改選の日。JR膳所駅での定例宣伝日。7時過ぎに森県議が来て、急遽これから県議員団会議をするのでとのこと。
 党議員団の議会の民主的運営についての申し入れについて他会派との調整が朝一番に行なわれる為だそうです。
 ここでも様々な多数派が出来て、結果的に森県議が滋賀県政史上初の共産党議員監査委員に選出された。
 聞くところでは、年間100日近く監査業務に携わることになるそうです。
 (今年度、監査で問題点を指摘し、また2007年度決算監査での指摘事項があっても、嘉田県政に関わるものとして、自民党は注目し、手ぐすね引いてまっているかも)

2008年5月9日 富士見学区青少年協総会

 19時30分からの総会に来賓として出席。
 蔦田、柴田県議会議員、安田市議会議員も出席され、それぞれがあいさつをさせていただきました。
 私は「最近、凶悪犯罪が多発している。これは政情不安定が一つの原因と思う。政治(家)の責任は重大(あえて、自民党とは言わなかったが、新自由主義で大企業のやりたい放題、労働者、国民いじめの結果が一因と思っている)。ここに4人の議員がいる、議場ではそれぞれの立場で議論するが、地域の子どもを守る点では一致でき、お役に立ちたい」(要旨)と発言しました。
 

2008年5月5日 戸隠高原で


 長野県戸隠高原森林公園の水芭蕉(上)
 下は公園ベンチで、銘水で野点。お茶道具は、モンベルの通販で見つけたもので、抹茶茶碗、茶筅、茶杓、棗は全て小振りにつくられ、茶巾、敷き板2枚が携帯用袋にセットされ、リュックにおさまるようになっています。
 銘水は公園の小川からペットボトルで採取しましたが、おいしいく、お茶もよく立ちました。なかなか気持ちのいいものでした。
 

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ