最近のトラックバック

フォト

« 2012年4月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月24日 (月)

ちょっと変、大津市議会政策検討会議

 昨年6月、大津市議会に「大津市議会政策検討会議」が設置された。その設置要項第一条は。
 (設置)
 第1条 会派(3人以上の議院を以て結成の届出のあった会派を言う。)から条例づくり等の政策提案を行う場合は、議会運営委員会の協議を経て、賛同の得られたものについて大津市議会政策検討会議(以下「検討会議」という。)を設置する。
1 検討会議が設置されたときは、議員全員で構成する大津市議会政策検討会議全体会(以下「全体会」という。)を同時に設置する。

 議員の議案提案については地方自治法に規定されている。
 地方自治法
 第百十二条  普通地方公共団体の議会の議員は、議会の議決すべき事件につき、議会に議案を提出することができる。但し、予算については、この限りでない。
○2  前項の規定により議案を提出するに当たつては、議員の定数の十二分の一以上の者の賛成がなければならない。
○3  第一項の規定による議案の提出は、文書を以てこれをしなければならない。

 議員定数十二分の一、大津市議会では38/12=3.16だから4人以上

大津市議会政策検討会議(議案提出権の事前審査?)
 この設置要項を読むかぎり、4人以上の会派が地方自治法に基づいて議案を提出しようとした場合、先ず議会運営委員会の協議を経て、議運で賛同が得られなければ新た議会に提出し直すことになる。何でこんな二重手間な事をするのか。
 議会の政策研究活動は否定しないが、経験から言えば議会での議論、委員会での議案審査や、調査活動の中から議会として条例化の必要性があれば、検討して提案することは大いに結構と思う。
 しかし述べたように、この検討会議は会派(議員)の議案提出権を牽制するものになる危険性ありと思う。
 また、会派とは関係なく議員4人が議案を提出しようとしたときは、検討委員会は無意味なもとなる。
 
 
 ただ、大津市議会での議案提出権は自治法の規定では4人以上の会派、又は4人以上)以上の賛成者(提案者1人、賛成者3人で可)が必要だが、3人の会派でも間接的に議案提案ができると解せる。だけが取り得か?

2012年9月21日 (金)

こんな条例で、いじめはくならないのでは?

  大津市議会9月4日政策検討会議で、((仮称)大津市子どものいじめの防止に関する)条例(案)の協議に入った。
 議会の日程表では12月下旬に条例案を議会に上程し、可決・成立の段取りとなっている。
 いじめ自殺問題が明らかになった当初、「いじめ防止」のための「規範的な条例」の必要論が出されていたが事態が明らかになるに従って、「実効性のある条例」が必要との認識に変わってきた。
 最近入手した条例案は21箇条。新聞紙上第三者委員会委員の尾木氏は、第7条(子どもの役割)「子どもは、他人に対する悪口の公言、無視等自分がされて嫌だと思うことを行ってはならない。2 子どもはいじめを受けた場合には、一人で悩まず家族、学校等に相談するものとする。3 子どもは、いじめを発見した場合(いじめの疑いを含む)及び友達からいじめの相談を受けた場合には、家族、学校に相談するものとする。」について「子どものことが分かっていない」旨の批判をしている。
 条例(案)が入手でき、一読して直感的に感じたのは、この条例にまで「三者協働(市民、事業者、市の役割分担)」論が根本になっている。「第4条(市の責務)、第5条(学校の責務)、第6条(保護者の責務)、第7条(子どもの役割)、第8条(市民及び事業者の役割)」
 本条例(案)に対する日本共産党の態度は、日本共産党大津市議団ホ-ムページ、 「いじめ防止条例(案)」について、大津市議会各会派へ申し入れ。をご覧ください。
 条例(案)を読んでもう一つ、何ら実効性が感じられないこと。
 第三者委員会が鋭意調査中で、いじめに至る様々な要因、原因が全く明らかになっていない中で、拙速に条例作りに走ったためだと思う。
 いじめに至る様々な要因、原因が明らかになってこそ、それらを取り除く方策が出てくるのではないか。

2012年9月20日 (木)

造反有理

 尖閣問題を巡る中国各地での反日デモで毛沢東の肖像写真を掲げているのを見て、頭をよぎったのが「造反有理」。
 「ウィキペディアから「造反有理」を引用すると=中国語で「造反に理有り」(謀反にこそ正しい道理がある)の意。「革命無罪」と並び中華人民共和国の文化大革命で紅衛兵が掲げたスローガン。 1939年、革命根拠地の延安で開かれたスターリン生誕60年祝賀大会で毛沢東が語った言葉「マルクス主義の道理は入り組んでいるが、つまるところ一言に尽きる。造反有理だ」に由来する。」
 日本を「権力、悪の根源」と見なして、日本に対して「造反有理」は明らか。
 デモ隊の様々な不法行為に関わって、中国当局が実行犯を逮捕したと言う報道は聞かない(実際は逮捕しているかもしれないが)。「政府公認不法行為(革命無罪」かと思われても仕方ない。 公安当局からのメールでデモが収束したことも「政府公認不法行為」を疑わせるのではないでしょうか?

2012年9月15日 (土)

JR膳所駅で

 JR膳所駅前宣伝に先々週に続いて参加。議員の時の宣伝でよく対話をしていた方々が変わらず声を掛けていただき、また新たな方もたくさんビラを受け取っていただきました。
 声を掛けていただいた多くの方々が、民主党のマニフェスト違反、民自公の談合増税を厳しく批判し、共産党に期待しているとの方がある一方、もう橋下に頼るしかないと方も。
 そのような方々にこそ新聞赤旗をお読み頂きたいと痛感した。

久しぶりに宣伝

Img_13121
 14日午前、衆議院滋賀一区で頑張っている、ふしきみちよさん、松村さんとの宣伝。
 ふしき・松村組で訪問対話(赤旗新聞購読のお願い、入党のお誘い)中に3箇所で、民主党代表選挙、自民党総裁選挙について、候補者が多数出ている根本は、それらの党と国民との矛盾の激化の現れ。
 消費税問題では、増税法は成立したが、2014年4月に8%、2015年10月に10%に増税予定だが、それまでには衆議院選挙、参議院選挙が必ずあり、2つの選挙は増税のノーの審判を下せるチャンスと訴えました。
 写真は、鶴の里での定点(公園前)での節木さん。

2012年9月11日 (火)

それでも1000万円

市長退職金50%カット。

 9月議会冒頭市長は「行政改革を推進するためには、市民の方に負担を強いる場合もあることから、自ら身を切る姿勢が必要であると考え、特別職の退職手当削減のための条例をした」と所信を表明したが、それでも1期目終了時には1,065万円の退職金になります。
 なりたくてなった市長職、100%カットでも市民はだれも文句言わないのと思います。
 そのこともさることながら「行政改革を推進するためには、市民の方に負担を強いる場合もある」と今後の市民負担増を示唆、予告すること明らかにしました。
 国は消費税で国民を痛めつけ、市は公共料金で市民の負担を増やすなんて以ての外だ。

大津市長等の退職手当に関する条例では、市長の退職金は1期ごとの支払われる。その額は、退職の日の給与月額*在職月数*43/100と計算される。現時点での実際の数字を当てはめる。1,032,000円/月*48月*43/100=21,300,480円の50%で、1,065万円あまりです。

2012年9月 8日 (土)

ちょっとした成果2件

 市議機議員を引退させていただいても、現職時代の相談者の方、またその知り合いの方からいろいろな相談事が飛び込んできます。
 ①スピード解決:7月6日、旧志賀町山中のこじんまりとした200坪の土地。諸般の事情で「只ででももらってくれる人がないか」とのこと。
 専門家に相談すると①どんな事情があるかわからないが、売り急ぐと無茶苦茶買い叩かる。本当に急ぐなら、一旦贈与といいう形で八木名義にして一定に値で売却の手続きをする。売れれば諸経費を差し引いて元の持ち主にお金を渡す。②若干時間がかかっても利口な買主を探す。③二束三文ででも業者に売る。などの教示を受けた。
 2,3日依頼者と相談していると、ごく身近に当該地の隣接の土地所有者が居る事が分かり、所有者の事情等々の話を持ちかけるとそこそこの値で買い取ってくれることになり、7月17日さる司法書士さんの事務所で取引を済ますことができた。

 ②じっくり解決:3月初旬に受けた相談。
 年初めに亡くなった父親の遺言書が見つかった。内容は「すべての遺産は再婚後の妻のものとする」とのこと。たとえ不倫で妻子を残して家を出で再婚したとはいえ実父であるこに間違いはない。後妻さんに対して「遺産の寡多よりも、気持ちの整理のために」遺留分減殺請求をすることにした。
 当初、内容証明便で後妻さんに「遺留分」の請求をした。1回目の内容証明便には無回答、2回目の内容証明便には、後妻さんの意を受けた「税理士」を名乗る人物から「遺産はゼロ」と回答してきた。亡父は、国家公務員から税理士事務所を立ち上げており、「遺産ゼロ」は腑に落ちない。
 そこで内容証明便どおり遺留分減殺調停を申し立てた。
 後妻さん側は弁護士さんが代理人となって亡父の遺産を綿密に調査、前妻や相談者への生前贈与まで調査し、結果的に相談者にはかなりの額の遺留分が支払われるkとになった。最終決着を10月の最終調停以後になるようです。

 2件合わせて、数百万円になりました。

 いまは、生活保護申請却下に対する不服審査請求と離婚訴訟のお手伝いをしています。

2012年9月 3日 (月)

10 ・13春秋楽座

 シンガ^ソングライター横井久美子さんの小規模ソロコンサート「春秋楽座in大津」

 と き    10月13日(土)13時から

 ところ    京阪電車「瓦が浜」すぐ

 参加費   3000円

 大津での横井久美子さんのソロコンサートは今回で3回目。

 このコンサートは、30人前後の規模でアンプ、マイクを使わずに行われる小規模なもんで、

それだけに、演奏者とゲストとの一体感のあるものです。ぜひお越しください。

問い合わせ:住所 大津市富士見台27番2号

        電話(FAX) 077-534-5023  八木 修Img_0134
2011年11月に行われた春秋楽座in大津

 

「いじめと」教育を考えるシンポジウム

Dsc_00732

「いじめと」教育を考えるシンポジウム
8月26日『「子どもの命が一番」の学校、行政、社会をつくるために』(主催:日本共産党滋賀県委員会、同大津湖西地区委員会)が行われました。県下各地から100人近くの参加者でした。

VTRで記録しています、貸し出し可能です、ご利用ください。


富士見キンカン

8月31日(金)、4回目の富士見キンカン行動。
東京のキンカン(金曜日官邸前)、近畿各地でのキンカン(金曜日関電前)に呼応した富士見地域の脱原発行動。
富士見学区内の秋葉台には、関西電力大津電力所があり8月4日、11日、24日、31日に大津電力所への要請と関電職員さんと地域のみなさんへのアピール行動でした。
旧富士見台マックー富士見台5区ー秋葉台関電大津電力所_ここでは、時間外労働中の労働者へ、行動参加者が一言づつ訴えやお願いをしまそた。ー秋葉台市営住宅ーレークビュウー滋賀病院山手ー旧マックというコースで約1時間。
 沿道の住宅からのぞきみる人、犬の散歩を兼ねて歩く人など予想外の参加者もおられ大成功でした。
Img_1250
 

 この写真は8月25日「いのちとびわ湖を放射能から輪」総会後のデも行進



 

2012年9月 2日 (日)

テスト送信

再度テスト送信

« 2012年4月 | トップページ | 2012年10月 »

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ