最近のトラックバック

フォト

« 行き着いたのは日本共産党の政策 | トップページ | 石原慎太郎の都知事辞職の裏? »

2012年11月11日 (日)

健全な市民の意見121件

 大津市議会が12月市議会に提出予定の「大津市子どものいじめの防止に関する条例」(案)に対するパブリックコメントが11月5日締め切られ、6日の毎日新聞では、121件の意見が寄せられ、8割が条例に反対する意見、若干の修正意見もあったが、賛成意見はなかったようだ。これでは12月議会提出は無理ではないか?というよりは提出を止めるべきだ。
 パブコメが開始された10月17日付けの大津市市議会議員古尾谷雅博氏(保守系一人会派「風」)のブログに次のような記載があった。
 「実は私が個人的に抱いている不安ですが、教職員を支援し守ろうとする赤い旗の政党系団体から反対意見が多く寄せられる事も予想されます。
 今、条例が制定できないと、大津市はいじめ問題に対して、全国から甘いと批判を受けた部分より、さらに一歩後退してしまいます。」
 あまりにも稚拙だ。
 前段では、反対意見を出す者を最初から「赤い旗の政党系団体」も者と色分けをして、反対意見を提出しようとする者けん制し、反対意見を封殺をしようという意図がありあり。パブコメを求めている議会の議員の資質が問われる。出されたパブコメの意見に見解を述べることに口を挟まないが、パブコメ初日に市民を色分けしようとする態度は許されない。
 仮に、原案のような条例を可決されることこそ「全国から批判を受けることになる」のではないか?

« 行き着いたのは日本共産党の政策 | トップページ | 石原慎太郎の都知事辞職の裏? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192410/56093900

この記事へのトラックバック一覧です: 健全な市民の意見121件:

« 行き着いたのは日本共産党の政策 | トップページ | 石原慎太郎の都知事辞職の裏? »

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ