最近のトラックバック

フォト

« 自民党参議院議員選挙政策1 | トップページ | 強制連行の証拠ある 「慰安婦」 紙議員が主意書 »

2013年4月26日 (金)

コーポしがのビラから一考察

Photo

生活協同組合コープしがの夕食サポート「つながり」に掲載されている、6種類のおかずコース。 1食あたり588円、月~金の5日分で2,940円。
「高齢の方」「一人暮らしの方」「育児や共働きで忙しい方」「お料理時間がとれないかた」に、「低塩分で、栄養バランスおれた献立を管理栄養士がつくっています」
週平均カロリー約450Kcal、塩分約3gだそうです。
 ここからが言いたいこと。管理栄養士という専門家が考えた「低塩分で、栄養バランスおれた献立」で588円。仮に1ヶ月に換算すると52,920円。原価だとかをいろいろ言うとややこしくなるが、生活保護の食費の基準もこれくらいでないと憲法25条の要請に応えていないのではないか。「劣等処遇」当然論に立つ官僚たちには分からんことと思うが。

« 自民党参議院議員選挙政策1 | トップページ | 強制連行の証拠ある 「慰安婦」 紙議員が主意書 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192410/57249642

この記事へのトラックバック一覧です: コーポしがのビラから一考察:

« 自民党参議院議員選挙政策1 | トップページ | 強制連行の証拠ある 「慰安婦」 紙議員が主意書 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ