最近のトラックバック

フォト

« コーポしがのビラから一考察 | トップページ | 2013参議院議員選挙政策の各分野の主な項目の紹介 »

2013年4月27日 (土)

強制連行の証拠ある 「慰安婦」 紙議員が主意書

 27日のしんぶん赤旗から転載

 日本共産党の紙智子参院議員は26日までに、日本軍「慰安婦」問題の強制連行を示す文書に関する質問主意書を安倍内閣に提出しました。
 安倍首相は1月31日の衆院本会議で、日本共産党の志位和夫委員長が、慰安婦問題で軍の関与と強制性を認めた「河野官房長官談話」についての認識をただしたのに対し、「当時の河野官房長官によって表明されたものであり、総理である私からこれ以上申し上げることは差し控え、官房長官による対応が適当であると考えます」と答弁。その一方で2月7日の衆院予算委では民主党議員の質問に、「強制連行を示す証拠はなかった」と答弁しています。
主意書で紙氏は歴史研究者らの調査によって東京裁判(極東国際軍事裁判)関係文書(国立公文書館)の中に、強制連行の証拠書類が残されていることが判明していると指摘。
「私らを日本軍俘虜(ふりょ)収容所事務所へ連れて行きました」との被害女性の証言や日本陸軍中尉の宣誓陳述書など「軍の直接関与、被害女性に対する強制、脅迫が具体的に記述されている」と強調しています。
その上で河野談話は物的証拠がなくても被害女性の証言によって強制性を認定したものだと指摘。さらに数々の歴史的文書が軍や官憲による強制を示しており、戦争犯罪の事実を重く受け止めるよう求めています。

 この質問に政府が真摯に応えるのは当然だが、ここでの問題意識は、1月31日志位質問への答弁と2月7日の民主党議員の質問への答弁は、質問者によって答弁を使い分けているのは首相としての資質が問われると思う。
 同時に、民主党には詰められないので安心しての答弁か?

« コーポしがのビラから一考察 | トップページ | 2013参議院議員選挙政策の各分野の主な項目の紹介 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192410/57258432

この記事へのトラックバック一覧です: 強制連行の証拠ある 「慰安婦」 紙議員が主意書:

« コーポしがのビラから一考察 | トップページ | 2013参議院議員選挙政策の各分野の主な項目の紹介 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ