最近のトラックバック

フォト

« マルクス資本論 高畠素之訳 改造社版 | トップページ | 選挙結果 »

2013年4月23日 (火)

憲法改悪反対

今日の毎日新聞1面で、橋下維新共同代表はインタビューに答えて「96条改正案「国民会で」」、“3年程度かけて96条改正のために国民投票の実施まで目指す”意向を示している。
記事を見る限り、憲法改正でも、改悪であっても「各院で総議員数jの3分の2」規定を2分の1にして、9条改悪のハードルを低くしたい事は明白。
「国民会議」の中身が明らかでない(どこに設置するのか、人選は誰が等々)、と言うより、選挙制度の問題はあるにしても国民から選ばれた国会で国民にわかりやすく議論することが大事ではないか。
「国民会議」がどのような形で設置しようとするのか新聞記事では分からないが、憲法の精神から言えば政府内にはおけないと思う。国会に置くとすれば多数党、政府与党の恣意で人選される様なことになれば「憲法改悪の露払いにしか過ぎない」。先に述べたように国民に選ばれた国会を、彼は何と思っているのか。憲法改悪にあの手、この手を持ち出して、という感じ。
安倍君も96条問題で、国会で「3分の1」の少数者の反対で事がならないのは問題、と言う主旨の答弁をしているが、あまりにもお粗末。憲法という国の基本を変えたいのなら「3分の2以上」の多数者に支持されてこそではないか。その努力をせずに要件を「2分の1」にとは姑息な手段ではないか?

« マルクス資本論 高畠素之訳 改造社版 | トップページ | 選挙結果 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192410/57231431

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法改悪反対:

« マルクス資本論 高畠素之訳 改造社版 | トップページ | 選挙結果 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ